結婚指輪を手作りされたお客さまのご紹介や各工房のお知らせ

トップへ戻る

Blogブログ

結婚指輪(マリッジリング)の素材(地金)選びは? 〜プラチナ編〜

指輪工房CRAFY京都店です。

前の京都店の回で触れましたが、日本で多くの方に選ばれている結婚指輪の素材はプラチナです。

プラチナは白金族(はっきんぞく)と呼ばれる元素で分類されおり、プラチナそのものの色味は銀白色をした素材となります。

変質しにくく、変色もほぼない銀白色のプラチナリングには種類、異なる純度があることをご存知でしょうか?

よく結婚指輪の素材表記で、「Pt900」と「Pt950」というものを見たことがあるかと思いますが、

これはプラチナの純度を表したものになります。プラチナの純度がそれぞれ90%と95%という意味となりますが

純度100%の方がもっと良い素材なのでは?と思う方もいるかもしれません、しかし実はその逆なのです。

純度100%のプラチナは柔らかく変形しやすく、傷つきやすいという特徴があります。

その為、純度が高くなればさらに硬くなると思うかもしれませんが必ずしもそうではないということなのです。

そこでマリッジリングやエンゲージリングには主にPt900・Pt950が使用されているのですが、ご自身に合うのはどちらがいいのかと悩む方もいるかもしれません。

京都店でも「どちらを選んだ方が良いですか?」というご質問をいただくことがありますが、正解はなく、こちらを選んでおけば間違いなしということも一概には言えないのです。

世界的にみますと、スタンダードとされていますのはPt950です。

それは海外では法律で「プラチナジュエリーは純度がPt950以上のもののみに限定」と定められているからなのです。

海外の有名プランドでPt950が採用されている所以と言えるでしょう。

それはPt900・Pt950それぞれの特徴は下記の通りとなります。

・Pt900

プラチナの純度は90%、プラチナ以外の割金としてパラジウム(白金族)が10%配合されています。一般的に“ハードプラチナ”と呼ばれています。

割金の割合が高い(プラチナの純度が低い)ほど強度があがり、変形・傷にも強くなるのがメリット。

※当店の「金属加工コース」に使用している素材はPt900になります

・Pt950

プラチナの純度は95%、プラチナ以外の割金としてパラジウム(白金族)とルテニウム(白金族)がそれぞれ配合されています。

海外の基準であるPt950以上を満たしていて、かつルテニウムを加えることで硬度が増し、Pt900よりも金属アレルギーになりにくいというメリットがありますが、

金属アレルギーに関してはパッチテストなどでどの金属に反応するかを明確にすることをお勧めしています。

いかがでしたか?

CRAFYではPt900・Pt950の金額は同価格にてお取り扱いしています。

※「ワックス制作コース」ではPt900・Pt950どちらも選択可能

それぞれの特徴からご自身に合うプラチナ素材でお好みのデザインをお考えくださいませ!

お問い合わせ

10:00~18:00 /年中無休年末年始は除く

目黒本店
来店ご予約
0120-690-216
表参道店
来店ご予約
0120-690-214
吉祥寺店
来店ご予約
0120-690-218
鎌倉店
来店ご予約
0120-690-217
京都店
来店ご予約
0120-690-253