結婚指輪を手作りされたお客さまのご紹介や各工房のお知らせ

トップへ戻る

Blogブログ

6月にまつわる結婚のお話

手作り指輪

こんにちは、CRAFY鎌倉店です。

今回は、6月と言ったら結婚ということで「ジューンブライド」についてと、同月の誕生石である「ムーンストーン」についてご紹介したいと思います。

6月といえば、梅雨の時期です。 夏に向けて暖かくなる季節ではありますが、雨が多くジメジメした季節で、 結婚式に適した月とは言えません。 しかし、ジューンブライドが広がった現在の日本では、ジューンブライドに憧れて6月の挙式を希望する カップルが増えています。では、6月に結婚式を挙げる「ジューンブライド」にはどのような意味があるので しょうか。

「6月の花嫁」や「6月の結婚」を意味する「ジューンブライド(June Bride)」 由来に関しましては、諸説あると言われていますが、古くからヨーロッパで「6月に結婚する花嫁は幸せに なれる」とされる言い伝えがあります。また、ギリシャ神話に登場する神主ゼウスの妃で、結婚や出産を司 る女神「Juno(ジュノ)」が守護する月が6月(June)であることから、この月に結婚をすると生涯幸せに 暮らせると言われています。また、かつてヨーロッパでは、農作業の妨げとなることから3月~5月の結婚が 禁じられていました。そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げることで多くの人から祝福されるた め幸せになれるという説もあります。

実はヨーロッパでは日本とは違い、1年のなかで6月が最も雨が少なく、良好な日が多い時季です。 天気にも恵まれより沢山の方から祝福してもらえることから、6月に結婚式を挙げると幸せな結婚生活を送 ることができるだろうという説が生まれました。

ここまでは、「ジューンブライド」のお話をさせていただきましたが、 次は、「ムーンストーン」6月の誕生石についてご紹介したいと思います。

ムーンストーンは、鉱物のなかでも長石の一種で、オーソクレース(正長石)とアルバイト(曹長石)の2種類が 層となり重なり合い、光の内部で反射と干渉が起こり、角度によって石の表面にぼんやりとした光の筋であ るシラーと呼ばれる幻想的な光を放ちます。 6月の誕生石であるムーンストーンはこの放つ光こそが特徴的であり魅力のひとつでもあります。 この光が、月光を思わせ神秘的な光を浮かばせることからムーンストーンと呼ばれるようになりました。

色としては、乳白色または半透明の物がよりおおくでまわっていますが、天然石であるため他にもオレン ジ、イエロー、グリーン、灰色、茶色がかったものも存在します。

また、ムーンストーンはその昔、月の輝きが封印されたものだと信じられ、 月の魔力の化身として神聖視させれていました。 古代インドでは「聖なる石」として重用され、お守りとして使われており、 農夫達は豊作を願い農機具にぶら下げていたといいます。 夜道を照らす月明かりのように、真実を授け、危険から身を守る力を与えてくれると考えられおり、 「健康」と「長寿」と「富」をもたらす石であり、 「希望」と「愛」と「永遠の若さ」のシンボルとされています。

中世ヨーロッパでは、恋人達が互いにムーンストーンを贈り、愛と絆を深めるための最高の贈り物とされて いたそうです。また、月光の下でムーンストーンを口に含んで唱えると願いが叶うという伝説や、 恋愛のおまじないなどが今も数多く伝わっています。 このようにムーンストーンは「恋愛成就の石」「幸福の石」としても大変有名です。

今回は「6月にまつわる結婚のお話」ということで、 ジューンブライドとムーンストーンについてご紹介いたしました。 いかがでしたか?昔から伝わる意味や由来はとてもロマンチックですよね!

CRAFYでは、ただいま全店舗でお石のプレゼントをしております。 誕生石(12ヶ月分)の中からおふたりで3石分、または双子ダイヤの2石分のいずれかを差し上げておりま す。6月「ジューンブライド」のこの時季に、是非おふたりの大切なご婚約指輪・ご結婚指輪を作りに CRAFYにご来店していただければと思います。

おふたりにお会いできますこと、 スタッフ一同心よりお待ちしております!

お問い合わせ

10:00~18:00 /年中無休年末年始は除く

目黒本店
来店ご予約
0120-690-216
表参道店
来店ご予約
0120-690-214
吉祥寺店
来店ご予約
0120-690-218
鎌倉店
来店ご予約
0120-690-217
川越店
来店ご予約
0120-998-619
京都店
来店ご予約
0120-690-253