結婚指輪を手作りされたお客さまのご紹介や各工房のお知らせ

トップへ戻る

Blogブログ

「4C」ダイヤモンドの価値・評価基準について

手作り婚約指輪

CRAFY目黒本店です!
今回は4Cとも呼ばれるダイヤモンドの価値についてのご紹介です。

ダイヤモンドの価値「4C」

手作り婚約指輪

宝石でももっとも価値があるとされているダイヤモンドは
「4C」という4つの要素によって格付けされます。

これは、米国宝石学会(GIA)が制定したダイヤモンドを評価する国際基準で、鑑定書にも記載されるものです。

「4C」は頭文字がCから始まる4つの要素を表しています。
Carat(カラット)・Clarity(クラリティ)・Color(カラー)・Cut(カット)
それぞれ詳しくご紹介していきます。

手作り婚約指輪

Carat(カラット)


カラットは、耳にしたことがある言葉ではないでしょうか。

ダイヤモンドの大きさのようにイメージされている方も多いかもしれませんが、
カラットは、ダイヤモンドなど宝石の重さを表す単位となります。

ちなみに、1カラット=0.2グラムと規定されています。
大粒の原石は希少ということもあるため、カラットの値が大きいほどに、その価値は高くなっていきます。

Clarity(クラリティ)


クラリティはダイヤモンドの透明度のことになります。

天然の鉱物でもあるダイヤモンドのにアブに含まれる結晶や内包物、
表面の傷等も透明度を損なう要因となります。

傷や内包物の大きさや位置、数などによって11段階のグレードによってランクづけされ、
透明度が高いほど価値が高くなります。


【Clarityグレード】
FL :10倍のルーペで内部・外部共に欠点が確認できない
IF :10倍のルーペで内部に欠点が確認できない
VVS1〜2 :10倍のルーペで欠点の確認が非常に困難
VS1〜2 :10倍のルーペで欠点の確認が困難
SI1〜2 :10倍のルーペで欠点の確認が容易、肉眼では確認が困難
I1〜3 :肉眼で欠点の確認が容易

手作り婚約指輪

Color(カラー)


カラーは、まさにダイヤモンドの色のことです。

無色透明から黄色味が濃くなる毎に23段階のグレードでランクづけされ、
無色に近いほど価値が高くなっていきます。

【Colorグレード】


D 〜 F:無色透明
G 〜 I :ほぼ無色
K 〜 M:わずかな黄色味
N 〜 Z:薄い黄色味

手作り婚約指輪

Cut(カット)


研磨の精度を表し、5段階のグレードでランクづけされます。

最上級がExcellent、続けてVeryGood、Good、Fair、Pourとわかれていて、
プロポーション(カットの総合評価)、ポリッシュ(表面の研磨仕上げ状態)
シンメトリー(対称性)のバランスによって評価されます。

全てのExcellentの評価を得ると、3EX(トリプルエクセレント)となります。

また、正確なカットのみに現れる「ハート&キューピッド」は強い輝きを持つダイヤモンドの証明とも言えます。

▼ハート&キューピッド

CRAFYでは、ブライダルラインの良質のダイヤモンドをご用意しております。

ご要望によっては、鑑定書をおつけすることもできますので、お申し付けいただけたらと思っております。

お問い合わせ(通話料無料)

10:00~18:00 /年中無休年末年始は除く

目黒本店
来店ご予約
0120-690-216
表参道店
来店ご予約
0120-690-214
吉祥寺店
来店ご予約
0120-690-218
鎌倉店
来店ご予約
0120-690-217
川越店
来店ご予約
0120-998-619
京都店
来店ご予約
0120-690-253
トップへ戻る