結婚指輪を手作りされたお客さまのご紹介や各工房のお知らせ

トップへ戻る

Blogブログ

サムシングフォーとは?幸せのおまじない!サムシングブルーも

手作り結婚指輪

CRAFY目黒本店です!
「サムシングフォー」や「サムシングブルー」お聞きになったことありませんか?

海外でポピュラーなこのおまじないについてご紹介します。

サムシングフォーとは

手作り結婚指輪

結婚式で花嫁の幸せを願う4つのアイテムのSomething fourのことを意味します。

イギリスの童謡集「マザー・グース」に出てくる詩に由来するものです。

「Something old,something new,something borrowed,something blue,and a sixpence in her shoe.」
「何か古いもの、新しいもの、借りたもの、青いもの、そして靴の中に6ペンス銀貨を」


これを身につけると、その花嫁は幸せになれるというおまじないです。
このSomething〜にあたる4つのアイテムが“サムシングフォー”と言われ、
ヨーロッパでは、200年以上前から取り入れられていて、それぞれに素敵な意味が込められています。

手作り結婚指輪

4つそれぞれの意味


Something old(サムシングオールド):何か古いもの
サムシングオールド、何か古いものとは、先祖から受け継がれてきた家族の絆、
伝統などの象徴。結婚式ではそぞや母から譲り受けたものを身につけるのが一般的です。

Something new(サムシングニュー):何か新しいもの
サムシングニュー、何か新しいものとは、未来への希望を象徴するもの。
「新生活が希望に満ちて幸せなものになりますように」との願いを込めて、結婚式に向けて新品のものを用意します。

Something borrowed(サムシングボロー):何か借りたもの
サムシングボロー、何か借りたものというのは、幸せな結婚生活を送っている人の
幸運にあやかるという意味があります。
結婚式では、すでに結婚してシア合わせになった友人などから何かを借ります。

Something blue(サムシングブルー):何か青いもの
サムシングブルー、何か青いものとは、幸せを呼ぶ色とされる“青”をさします。
花嫁の純潔や清らかさを表す色でもあるので、結婚式では人目につかないように
“サムシングブルー”を身につけるのが良いとされています。


サムジングブルーは知ってる人も多いかも?

手作り結婚指輪

サムシングフォーの中でも最もポピュラーなのは、
何と言っても「サムシングブルー」ではないでしょうか。

|由来


サムシングブルーの由来は、聖母マリア様を象徴する色とされ、
花嫁の清らかさや純潔を意味しています。

|取り入れ方


サムシングブルーの取り入れ方は、ブーケなどに青色の花を加えたり、
挙式当日に持つハンカチにさり気なくブルーの刺繍を入れたりと方法はさまざまです。

結婚指輪や婚約指輪の内側にサファイアなどの青い宝石をひっそりと留めるというのも素敵です。

手作り結婚指輪

CRAFYでは、ご制作の際に誕生石のプレゼントもさせていただいていますので、

その石をサファイアにされるという選択肢も良いのではないでしょうか。

キャンペーン /プレゼント

ご予約のお客様限定割引

イメージ画像:指輪

クレジットカードでのお支払いで指輪代金より14%OFF。現金でのお支払いで15%OFF。

高品質なふたりの動画

イメージ画像:制作風景

指輪の制作過程をデジタルフルハイビジョンにて撮影。映画のような映像をプレゼント。

3万円相当のダイヤモンド

イメージ画像:ダイヤモンド

ご予約を頂いたお客様にダイヤモンドを含む誕生石3石をプレゼント。(3,300円にて双子ダイヤへの変更も可)

文字の刻印無料

イメージ画像:刻印

指輪の内側に文字をお入れします。

オリジナルリングケース

イメージ画像:ケース

シンプルなリングケースでお届け

メモリアルフォト

イメージ画像:メモリアルフォト

プロ並みの写真をお撮りします。

お問い合わせ

10:00~18:00 /年中無休年末年始は除く

目黒本店
来店ご予約
0120-690-216
表参道店
来店ご予約
0120-690-214
吉祥寺店
来店ご予約
0120-690-218
鎌倉店
来店ご予約
0120-690-217
川越店
来店ご予約
0120-998-619
京都店
来店ご予約
0120-690-253